ロゴ
HOME>特集>睡眠障害の放置は危険!快適な睡眠を取り戻すためにも治療をしよう

睡眠障害の放置は危険!快適な睡眠を取り戻すためにも治療をしよう

医者

睡眠障害を放置することで起こる人体への影響

眠れなければ、脳を休めることができないため、起きている時間にいろいろな悪い影響を及ぼします。眠くなるのはもちろん、注意力が散漫になったり、体に力が入らなかったりします。状況によっては、取り返しがつかないアクシデントに繋がるため、睡眠障害があるのなら精神科か心療内科のお世話になりましょう。快適な睡眠は快適な生活に必須の条件なので、問題があるなら、眠りの質を改善しなければいけません。なお、睡眠障害で眠れない期間が増えすぎると、幻聴や幻覚といった、かなり厄介な症状を発症してしまう可能性があります。ただし、そこまで悪化するまでには、それなりに期間があるので、睡眠に問題があると分かったのなら早めにクリニックで診てもらいましょう。

男性

睡眠障害を改善するための治療法

睡眠障害を疑って、精神科や心療内科があるクリニックに訪れると、まずは毎日の眠りの状況がどのようなものか聞かれます。治療方法に大きく関係するので、しっかりと現状を伝えるようにしましょう。なお、睡眠障害を治療するためには、主に処方薬が利用されるので、そちらを夜に飲むことになります。ただし、眠気を誘発するため、必ずドクターの説明通りに利用しなければいけません。間違った使い方をすると、昼間に眠くなったり眠気が残ったりするので、アクシデントの原因となってしまいます。ちなみに、睡眠薬はかなりの強い作用があるように思えますが、軽い処方薬もあるので、心配ならドクターに相談をして軽いものから初めてもらいましょう。